口には出しませんが、女性は男性の小さいペニスでは満足していません。小さくて不潔なペニスを好きな人は一人もいないんです。

短小ペニス増大ヘルパー

短小や包茎のコンプレックス

短小や包茎のコンプレックス 日本の男性において、短小や包茎にコンプレックスや悩みを持つ男性がたくさんいるというのは知っていますか?男性のペニスの平均サイズは、世界の平均サイズをかなり下回っており、ペニスサイズに自信を持っている人は決して多くはありません。
そのせいか、女性に積極的になれず、出会いの場があっても自分に自信を持てず負い目を感じてしまう男性が多くいます。
逆に海外の男性は、女性に対して積極的にアタックする事はいたって普通で、声をかけないのはマナー違反とまで言われるほどです。
こうした事は国民性とも言われていましたが、最近ではペニスのサイズも少なからず影響しているのではないかと考える人も出てきました。

日本人の中にはペニスの大きさなど気にしないタイプの男性もいて、短小でも良い、包茎でも良いと開き直っている人もいます。
しかしながら、短小はともかく包茎についてはそのままにしておくのはとても危険です。
短小というのは字の如く短くて小さいことをさします。
ペニスのサイズが小さい人だと3cm前後しかなく、勃起時でも5cm程度にしかならないという人もいます。
いくら小さくても、女性器に挿入し射精ができれば性機能としては問題なく、生活に支障はないと言えます。
ただ包茎についてはそのままで良いということはありません。

包茎にも種類があります。
一つは仮性包茎(勃起時、手動で容易に剥くことが容易)、もう一つは真性包茎(勃起時、手動で剥くことが困難)と言われるものです。
特に真性包茎については絶対に放置してはいけません。
仮性包茎も真性包茎も定期的に蓄積するカスを取り除くなどケアが必須になります。
清潔にすることを怠って放置すると、亀頭包皮炎という病気や尿路感染症などの病気、性病などを発症する可能性が非常に高く、酷い場合は性機能障害を起こしたり、手術が必要になる場合もあります。

仮性、真性に限らずどちらも皮の内部に溜まるカスなどを入浴の際に洗い流したりして常に清潔に保つ必要があります。
また、真性包茎においては清潔にしていても性病などを起こしたりするリスクがとても高いので手術を受け治療することが必要です。

短小は1人だけの問題じゃない

短小は1人だけの問題じゃない ペニスのサイズって女性は気にするものでしょうか?実際のところペニスのスペックは大きさだけはありません。
角度、硬度、反り、弾力性、温感、さらに長さだけではなく、亀頭部分と竿の部分のそれぞれの太さなどさまざまな要素があります。
大抵の女性はペニスのサイズはあまり気にならないと口では言いますが、残念ながら短小だけは嫌だという結果が出ました。
短くて小さいペニスは女性にとっても悩みの種なのです。

ネットなどの匿名の掲示板では女性の本音が溢れています。

・小さすぎてショックを受けた
・入口が感じる人じゃないとちょっと辛いかもね
・入っていると言う感覚がしない
・小さいチンコだと入ってくるのも抜けてるのも気がつかない

これが女性の正直な感想です。
この感想には、男女が合体して愛を確かめ合い、気持ちよいはずのセックスで、彼氏のペニスが小さくて短いと知った女性の口惜しさ、悲しさ、物足りなさが溢れています。
やはり太くて長いペニスが膣を押し広げながらメリメリと入ってくる感覚を存分に味わいたい、奥までガンガン突かれてみたいと思っているのが女性の本音なのでしょう。

短小ペニスは包茎ペニス

さらに短小は包茎という症状とセットになっていることが多いのです。

一般的に思春期頃からペニスは成長し、それまで覆っていた包皮から亀頭が露出してきます。
ところがペニスが小さくて短いままだと包皮が余ってしまい、大人になっても包茎状態のままなのです。

包茎は百害あって一利なしとも言われるように、女性にとっては歓迎できるものではありません。
包茎は包皮の裏側に尿がついたままのことが多く、特に夏場は悪臭を放ち雑菌が繁殖します。
また、たまった恥垢は女性の子宮頸がんを引き起こす原因にもなります。
そんな不潔なペニスを好きという女性は一人もいないことでしょう。

短小ペニスは包茎ペニス もし、交際中の男性が短小包茎であると知ったら、女性にとっては結婚を躊躇してしまうほどの重大問題になります。
しかも、恥ずかしさのあまり、下半身の問題を男性に対し口に出して言えないため、悩みはより深刻なものとなるでしょう。

そんな男性には、包茎専門の美容整形外科でカウンセリングを受けて、余った包皮を除去し、ペニスの増大術を受けると言う手段があります。
「包茎治療を受けて、ペニスの長茎手術も施術してもらってください」そんなことを彼氏に言いたくても言えず、誰にも相談できないまま悩んでいる女性のの気持ちを考えると、短小包茎を放置している男性は、罪深いと言えるでしょう。