世界各国の平均ペニスサイズは14cm。しかし日本は平均以下の13cmしかありません。

短小ペニス増大ヘルパー

世界のペニスの大きさ事情

世界のペニスの大きさ事情 男性なら一度はペニスの大きさについて気になったことがあるかと思います。
世界各国のさまざまな会社がペニスについての独自調査をし、その結果を発表しています。
どの会社の調査結果においても日本のサイズは、世界の平均値を若干下回る調査結果が出ています。

勃起時の日本人の平均サイズは約13cmとされていて、世界の平均サイズの約14cmと比べ、調査結果通り若干下回っています。
一番大きいとされているコンゴ共和国は18cm弱もあり、日本とコンゴでは約5cmも違う結果となっています。
逆に最も小さいとされているのはネパールやタイ、そして意外なことに韓国などで、10cmに満たないというデータが出ています。
上位には南米、中米、西欧が固まっており、アジアの国々や北欧が中位から下位にかけて目立ちます。
アジアで唯一上位に入った国はレバノンで、17cm弱になります。
同じ人間でこのように差が出ることは、国ではなく人種においての違いが大きいことが、別の調査によって発表されています。

ランキングが上位の国を見てみると、コンゴ民主共和国、ガーナ、ボリビア、ジャマイカ、フランスなどが目ぼしいとろですが、この五ヶ国に一つの共通点があるのはお気づきでしょうか?フランスは少し分かりにくいですが、この五ヶ国には黒人と呼ばれるアフリカ系の人種がとても多いということです。
過去植民地だった事や、移民の関係など事情は様々ですが、黒人という人種の割合が多い国ほどペニスの平均値は高くなるようです。

上位に南米、中米が固まったことや、そこに中欧のフランスなどが入ったことで説明がつきます。
人種ごとに分けると、黒人>白人>黄色人種となっており、黒人が多い国ではペニスのサイズの平均値が高くなり、黒人がほとんどいないアジア系の順位は中位から下位で平均も低くなっています。

ペニスに関して最も大切なのは機能的な問題であり、大きさではないことは言うまでもありません。
しかし、最低でも平均サイズ程度はあった方が、パートナーとの関係も良好になり、自分自身が負い目を感じたりすることもないのではないでしょうか。

日本とアメリカの性に対する事情

日本とアメリカの性に対する事情 日本では性に関する話を公に話題にするのは、基本的にタブー視されています。
セックスに関する話題はもちろんのこと、個々の人が持つ性器などに関するコンプレックスについても公に話されることはありません。

女性がバストの大きさやしまりの悪さで悩んだり、男性がペニスの大きさや強さで悩んでも、それは誰にも話されることはなく、ひとり悶々と悩み続けることになるのです。
男性向けの強壮剤がブームとなったことはありましたが、それを手に入れるにしても、できるだけ人目に触れないようにする、使っていることがばれないようにするというのが、日本人的なやり方です。
このように、日本は性に関しては後進国といえるでしょう。

これに対して、何事も世界のリーダー的存在として世界をけん引しているアメリカは、性に関しても奔放で積極的な国です。
性に関して開かれており、子供のころから学校や家庭でごく普通に性教育も行われています。
そのせいか、性に関する話題もタブー視されていません。