TOPページ増大サプリ成分の効果一覧 > アルギニンの効果

アルギニンの効果について

アルギニンとは

アルギニン

アルギニンは必須アミノ酸ではなく非必須アミノ酸になりますが、不足すると疲れやすかったり、免疫力が下がったりする事があります。またペニスにとっても必須ではなくとも必要な成分です。

男性だけでなく女性も子供にも必要で特に子供の成長期には成長ホルモンの分泌を促してくれるので身長が伸びたり丈夫な骨が作られたりと必須な成分となります。筋肉トレーニングに励んでいる人の多くが愛飲している事で有名な成分でもあります。

さらにペニスへのパワーアップ効果が期待できることから不妊治療に使用される事もあるほどで、ほとんどのペニス増大サプリに含まれている成分のひとつです。

2種類のアルギニン

2種類

アルギニンにはそのままアルギニンと表記されているものとL-アルギニンと表示されているものの2種類存在します。

頭に【】と付いているのは自然に存在するいわゆる【天然性】という事になります。どっちにしてもそこまで大きく効果が異なるという事はありません。

L-アルギニンであってもアルギニンと表記されてしまっているものもあるので一概に天然ではないと言い切れないのも事実です。

アルギニンの効果

効果

アルギニンには成長ホルモンの分泌、筋肉の増強、疲労回復、傷の修復、ペニスの増強などたくさんの身体にいい効果が期待出来ます。

健康や筋肉の維持、ペニス増大といった目的で飲まれているこのアルギニンは免疫力や細胞の増殖、コラーゲンの生成などを促す効果から傷の治療に使われるケースもあります。

その他にもペニスへの血流を改善、増強し勃起や精子量のアップ。そのうえ疲労回復効果もある事からインポ気味な人が改善目的で飲むといいとされているほど、幅広い効果が期待出来ます。

アルギニンが必要な人

・背を伸ばしたい

成長ホルモンを分泌し、骨や筋肉が成長するのを補助する効果がある事から背を伸ばしたいという人が飲むと効果があります。

ただし、成長期が終わってしまった大人が飲んでも効果を得るのはそれなりに時間がかかってしまうかもしれません。ただ、伸びる可能性はなくはありません。

・運動、筋トレ後

疲労物質を取り除く事で疲労回復の効果があるうえに、筋トレなどで傷ついた組織を修復してくれるという効果もあります。

筋肉は傷ついて修復する事でパンプアップするので筋トレ後に飲まれる事が多いです。

・免疫をあげたい

アルギニンは免疫細胞を活性化するという効果がある事から病気や細菌やウイルスによる感染症に負けないように免疫力をあげてくれたり、またコラーゲンの生成を促す効果がある事から手術後などに飲んで傷の修復や回復を早めたりします。

・老化を阻止

アルギニンには老化を招く大きな原因のひとつである糖化を抑えてくれるという効果まであります。

糖化は動脈硬化やシミ、シワを引き起こすといわれているのでそれを抑える事で老化防止に繋がるというわけです。

・ペニスのサイズアップ

血流を改善、強くしてくれる事でペニスに送る血液量をあげ、ぱんぱんに勃起させる事で、少しずつペニスのサイズアップを促します。

すぐに効果が出るわけではないので最低でも3ヵ月は続けて飲んでみるようにしましょう。

アルギニンが不足すると…

アルギニンは必須アミノ酸ではありませんが身体に必要で、不足してしまうと次のような事が起こります。

免疫力が下がる事で細菌やウイルスなどの感染症にかかりやすくなったり、皮膚が菌に負けて肌荒れを起こします。

糖化が進む事で老化の進行を早めてしまうという事があります。 そうなると生活習慣病にかかりやすくなってしまい肥満になってしまったり、疲れやすいといった症状があらわれたりします。

アルギニンの飲み方

飲み方

アルギニンは食品でも摂取する事が可能です。鶏肉やナッツ類、エビやマグロなどに多く含まれていますが、食品だけで摂取しようとするとカロリーの摂りすぎになってしまうので注意しましょう。

その為、アルギニンは食品とサプリの両方で摂取する事が好ましいとされています。

大人で最大15g~21gまでとされていて1日に2g~7g摂取する事が出来れば理想的とされています。

その際、必要量を一気にとろうとすると副作用を引き起こす可能性を高めてしまうので、必要量を3回~4回にわけて飲むのがいいとされています。

ED気味の人がセックスの前に効果を求めて摂取する場合はセックスの1時間前に吸収率をあげるべく出来るだけ空腹時に飲むといいと言われています。効果の持続時間は約6時間になります。

アルギニンの副作用

腹痛

アルギニンは食品でいうとアルカリ性になるので胃腸の弱い人が過剰に摂取すると下痢になったり胃腸に負担をかけてしまう事があります。中和する為にオレンジジュースなど酸性のものと一緒に摂るようにしましょう。

アルギニンが含まれるサプリに関しては配合の段階で中和されているものがほとんどなので副作用が起こる事なく安心して摂取できます。

アルギニン服用に注意が必要な人

妊婦

・低血圧の人…血流が良くなり巡りが良くなってしまう事で血圧が下がり貧血を起こしてしまう場合があります。

・妊娠中、授乳中の人…成長ホルモンの分泌を促してくれる事から妊娠中に飲むといいともいわれていますが、安全性についての確実なデータは実は存在しません。なので過剰摂取は控える、また担当の医師に相談してから服用するようにしましょう。

・ヘルペスなど感染症に感染している人…すでに細菌やウイルスなどに感染している場合は飲まないようにしましょう。感染前であれば予防になりますが、感染後は逆に細菌やウイルスを活性化させてしまい症状を悪化させてしまうといった事も考えられるので、その際はきちんと治療薬を飲んでしっかりと治してからアルギニンを飲むようにしましょう。

・気道炎症や喘息持ちの人アレルギー反応を促進させる事で症状を悪化させてしまう恐れがあります。

・脳梗塞や心臓病疾患の人再発の危険性があります。

・統合失語症の人…健常者と比べるとアミノ酸のバランスが異なっている為、飲む場合は医師に相談してからにする必要があります。注意しましょう。

日常にあるアルギニン

栄養ドリンク

アルギニンは実は、普段生活をしている中でも気を付けて見てみると疲れた時に飲む栄養ドリンクや食品の中にも含まれていてよく目にする事がある身近にある成分です。

知らない間に摂取している事の多いアルギニンですが、ではどうしてペニスが大きくならないの?と思うかもしれませんが、なにが違うのかというと、それらに含まれているアルギニンとペニス増大サプリに含まれるアルギニンの濃度の違いにあります。

当然、濃度の高いアルギニンを摂取する事がペニスへの効果を実感できる近道になります。

栄養ドリンクなどはたくさん飲みすぎてしまうと身体に害を与える事もあるので、高濃度のアルギニンを摂取したいといった場合は必ず目的に合ったサプリなどでしっかりと補給するようにしましょう。